Blog現場ブログ

大丈夫!?その解体養生!

一個前のブログは見て頂けましたか?
今回のブログとも関連しているのでまだの方は そちら からご覧ください!!

愛知県名古屋市で解体工事をしている (株)Mix・Pro(ミックスプロ)です!!
愛知県名古屋市の解体工事専門店(株)Mix・Pro(ミックスプロ)の ブログ担当です。
こちらのブログでは、解体工事の役立つ情報を、投稿していきます。
愛知県名古屋市で解体をご検討している方々に解体のことを詳しくご紹介していきます。

解体業者を見るポイントは養生にもあると言えます。養生は、解体工事を行う際必要な作業であり、適切に行われていないと近隣トラブルを招きかねません。養生シートから苦情に繋がることも…
依頼人も近隣住民の皆様も気持ちよく解体工事を終えれるよう心がけましょう。

今回はそんなポイントをお伝えします。

1.養生シートが破れていないか確認しましょう。

 養生シートが破れていると粉塵の飛散や防音を防ぐことが出来ません。
 破れた養生シートは適切とは言えず、近隣住民の皆様からも良い印象を持たれないでしょう。
  また、破れた養生を使用しているというのは、買い換えられない経営状況にいるということが伺えます。

2.養生シートの設置方法は適切か。

 養生シートのひもなどを通す穴を2個飛ばしとかではなく、きちんと使用し設置することが出来ているか。
 2個飛ばしなどで使用すると防ぐことのできる粉塵の飛散や騒音の発生を防ぐことが出来ません。
 適切で丁寧な養生が出来ない業者は工事や近隣住民の配慮が出来ない可能性もあります。
 大きなトラブルになってしまう前に、きちんと確認し信頼できる業者にお願いするようにしましょう。

3.足場養生 安全対策

 上記に関連して、養生をしている足場は風を受けやすく、通常の足場よりも風の影響を受けやすいという欠点があります。
 なので、足場をきちんとつなぐ(壁に固定する)などの安全対策は欠かせません。
 解体工事が進んでいくと建物がなくなっていき、固定することが難しい場合にはウエイト(重り)を置くなど、養生シートが飛ばされないように     しましょう。養生足場がきちんと設置されていないと転倒などの大きなトラブルになりかねません。 

4.高さは建物を越しているか。

 養生シートが建物より高くないと、粉塵が漏れやすくなり、飛散を防ぐことが出来ません。
 近くの建物や車などに付着してしまいます。
 高さが足りていないと解体工事中のがれきが出てしまうなどのことも起きかねません。
 最悪のケースでは、通行人などにあたってしまうなどの命もかかわる大惨事になりかねません。

 

最後に…

基本的にアスベストが使用されていない解体工事では、養生シートの設置が義務付けられていません。
ですが、養生シートがない状態で解体工事を進めると、粉塵やほこりの飛散、騒音問題による近隣トラブルなどに発展してしまう恐れがあります。
落下した建材や工具などが下にいる通行人や作業員に当たってしまい、大けがにつながるリスクも考えられます。近隣トラブルや事故等を防ぐためにも、養生シートの設置の有無だけでなく、養生シートの状態や設置状況も合わせて確認するように心がけましょう。

 

愛知県名古屋市で、解体工事をする際は(株)Mix・Pro(ミックスプロ)にお任せください。

愛知県名古屋市で解体工事をご検討されている方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

愛知県名古屋市解体工事依頼 

(株)Mix・Pro(ミックスプロ)では、無料で相談・見積・診断をさせていただきます!!