Blog現場ブログ

構造別 解体工事工法!

前回に引き続き、今回は構造別 解体工事の工法についてお話します!

愛知県名古屋市で解体工事をしている (株)Mix・Pro(ミックスプロ)です!!
愛知県名古屋市の解体工事専門店(株)Mix・Pro(ミックスプロ)の ブログ担当です。
こちらのブログでは、解体工事の役立つ情報を、投稿していきます。
愛知県名古屋市で解体をご検討している方々に解体のことを詳しくご紹介していきます。

工事は建物の構造や使われている建材によって工法が異なります。「木造」と「鉄骨造・RC造」に分けてそれぞれの工法をについてご紹介します。

木造の建物

各構造の中で取り扱い件数、対応業者が最も多いのが「木造」です。主に重機を使った「機械解体」が主流ですが、現場の状況によっては手作業による「手壊し工事」が必要になる場合もあります。一般的に木造住宅の解体は、新築や土地売却、借地返却を考えている方が多く、解体工事はその後の土地活用や次の工事に関わる前段階として重要な工程となっております。

機械解体
機械解体とは、重機で行う解体工事です。重機解体を行うには、基本的に重機は公道を走ることができませんなので、トラックで重機を搬送し解体工事を行います。なので、十分な道幅がないと作業ができず「手壊し工事」が必要になります。

手壊し工事
「近接する建物との距離が近い」「重機が搬送できない」など、解体現場の状況により「手壊し工事」が必要になる場合があります。手壊し解体による解体工事は機械解体に比べて手作業になり、工期が長くなるため、人件費などの費用は割高になります。

そして、解体工事では大量の廃材が出ますが、回収するトラックが近くに止められない場合、廃材の搬送も手作業になり、作業員さんの負担が大きくなり時間もかかってしまうので、費用が高くなります。

鉄骨造・RC造の建物

鉄骨造やRC造の建物は木造に比べて頑丈なので、解体する手間が多く解体費用は高くなります。

圧砕機工法
ハサミ状のアタッチメントを使用し、コンクリートを圧砕する方法を「圧砕機工法」と言います。一般的には油圧式ショベルカーの先端を、用途に分けて使い分ける方法が主流です。アタッチメントには「大割り」や「小割り」といった種類があり、アタッチメントが小さくなればなるほど廃材を細かく圧砕することができます。圧砕機工法は、ハツリ工事に比べ、振動や騒音が少ないのが特徴です。

カッター工法
コンクリートやアスファルトを切断する際に用いられる工法です。「湿式」と「乾式」があり、「湿式」は水を使って粉塵の発生を抑え、切断時に発生する摩擦熱を冷やすことができます。水を使うことができない現場では、「乾式」で工事を進めるのが一般的です。カッター工法は、従来のはつり工事の方法に比べて騒音や振動、粉塵の飛散が少なく住宅密集地や商業施設などでも活躍しています。「カッター工法」は、「ウォールソー工法」とも呼ばれています。

ブレーカー工法
ノミ」と呼ばれる杭を使って、コンクリートに打撃を与えて破砕する方法を「ブレーカー工法」と言います。ブレーカーには大きく2種類あり、油圧式で大きいものを「大型ブレーカー」、狭い場所でも作業ができる長さ70cm、重さ20kgほどのものを「ハンドブレーカー」と言います。ハンドブレーカーは衝撃が大きく、高い技術が求められるのが特徴で、使用者は「ハツリ士」と呼ばれます。

転倒工法
柱や外壁を敷地の内側に倒してから細かく分別解体をしていく方法を「転倒工法」と言います。転倒工法は、周囲に足場を組んで上から順番に解体する方法に比べて粉塵の飛散量が少なく、高所作業による安全面のリスクを減らせるのが特徴です。主に高い外壁や煙突がついた建物を解体する際に用いられます。

以上が工法になります。
建物の造りや近隣の幅によっても解体工法が変わってきますが、これから解体工事を行う方々やどんな風に解体を行うんだろと思っていた方々の参考になっていただければいいなと思います。工法までわかると解体工事を行う時にも安心して解体工事業者に任せられると思います。

 

 

愛知県名古屋市で、解体工事をする際は(株)Mix・Pro(ミックスプロ)にお任せください。

愛知県名古屋市で解体工事をご検討されている方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

愛知県名古屋市解体工事依頼 

(株)Mix・Pro(ミックスプロ)では、無料で相談・見積・診断をさせていただきます!!