Blog現場ブログ

ゴミはどこへ?

2023.11.24(Fri)

こんにちは!

今日は、ごみ処理についてお話したいと思います。「解体した後のゴミはどこへ行くのだろ?」と思ったことはありませんか?解体ではいろいろな廃棄物が出て来ます今回は、ゴミはどこへ行くのか話していきたいと思います!

愛知県名古屋市で解体工事をしている (株)Mix・Pro(ミックスプロ) です!!
愛知県名古屋市の解体工事専門店(株)Mix・Pro(ミックスプロ) の ブログ担当です。
こちらのブログでは、解体工事の役立つ情報を、投稿していきます。
愛知県名古屋市で解体をご検討している方々に解体のことを詳しくご紹介していきます。

それでは早速、解体工事で発生するごみの処分方法について紹介していきます。ごみ処分をどのように行うかも重要です。基本的には解体業者主導で処分を行いますが、その流れや方法について認識することも有効です。

主な種類

家屋や建物の解体工事を行うと、以下のような多くの廃棄物が出て来ます。

・木くず

・鉄くず

・プラスチック類

・コンクリートガラ

・紙類

・石膏ボード

・外壁材類

・ガラス

・陶器類  など

分別解体

解体工事で出る廃棄物を種類ごとに細かく分類して処分することで、適切なリサイクル化に繋げるための方法。

分別解体を行うことで、資源のリサイクルを行いやすくしたり、環境に配慮したりすることができます。手間や時間がかかる作業ですが解体業者は確実に実践する必要があります。

中間処分場での処分

解体工事で出たゴミについては、最初に中間処分場に運搬されて処分が行われます。中間処分場では、廃棄物の減量や減容化、安定化や資源化などが行われます。

最終処分場での処理

中間処分場を経たゴミや廃棄物は最終処分場に持ち込まれて最終的な処理が行われます。最終処分場では、埋立処分や海洋投入などを行って廃棄物の最終的な処分を行います。

中間処分場も最終処分場も環境に配慮するために設置された施設であり、陸上や水面の限られた場所を有効活用することが求められます。地球環境に負荷がかかるような処分方法は避けられており、廃棄したゴミは年月をかけて自然に戻すことを基本的な考え方としています。

ゴミ処分を行う際についての注意点

・処分以来は早めに行う                           

自治体に回収を依頼をする場合は連絡をしてすぐ回収をしてもらえるわけではなく、挟むことが一般的です。場合によっては1週間から3週間程度の期間を要することもあるので、処分を決めた時点で連絡することが重要です。

・許可の確認

一般廃棄物も産業廃棄物も処分するためにはそれぞれの許可を取得している必要があります。許可を得ずに収集や処分を行うと、最大で5年以下の懲役1,000万円以下の罰金が業者に科せられます。

・悪徳業者には注意  

ゴミ回収業者の中には、無料回収を売りにしている業者もあります。例えば、家の近くを軽トラックで回って売る業者の中には許可を得ずに運営をしてるケースもあります。あるいは、チラシに「無料回収」などと宣伝して営業する業者にも悪徳業者が存在します実際には後から追加費用を請求したり、不法投棄をしたりするケースもあります。

・不法投棄は厳禁

解体工事で出た廃棄物に関してもそうですが、事前のごみ処分についても不法投棄は絶対に行ってはいけません。粗大ごみや家電製品などを山林や地中に埋め込むことは禁止されています。

 

愛知県名古屋市で、解体工事をする際は(株)Mix・Pro(ミックスプロ)にお任せください。

愛知県名古屋市で解体工事をご検討されている方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

愛知県名古屋市解体工事依頼

(株)Mix・Pro(ミックスプロ)では、

            無料で相談・見積・診断をさせていただきます